中卒就職実現への道※最新版

*

中卒から就職を目指す方法

 最終学歴の呪縛から解き放たれるには、しっかりとした準備や正しいポイントを押さえた上で就職活動をする必要があります。

 中卒という最終学歴を持った上で就職を目指すのであれば尚更なのです。「何から始めたらいいのかわからない」、そんな人は以下を参考にしてみましょう。

就職活動前の準備

「就職するとは、どういうことなのか」を知らない人は意外と多い。流れで就職してしまうと数年後には、「辞めたい」という気持ちが強くなってしまいます。

 それを避けるためには、「絶対にこれだ!」という強いものを持っておくことです。職種でも就職への意志でもいいでしょう。

<関連記事>

  • 何のために中卒で就職するか
  • 決めたら動き、チャンスを逃さない中卒の就職活動
  • 就職活動に費やせる期間は

  • 求人や就職情報の収集

     求人をはじめとした、あらゆる情報を集めること、これをサボることは就職失敗を意味します。

     一見、役に立たないと思った情報も気に留めておくこと。例えば、関係ないと思われる転職サイトのコラムなどにも目を通しておけば、それを就職活動に活かすことができるのです。

    <関連記事>

  • 中卒の場合はどの媒体に頼るべきか
  • 中卒の就職活動における悪い求人の存在
  • 中卒でスカウト機能はどうなのか

  • ただ書くだけの履歴書ではない

     履歴書などの書類を書く前に、必ず、「履歴書とは何か」を知るようにしてください。意味もわからずただ空欄を埋めていく作業では、応募した企業の心を掴むことはできません。

    「履歴書とは何か」を知れば、履歴書の選び方すらも大切なんだとわかるようになるでしょう。

    <関連記事>

  • 履歴書で見られるところは
  • 中卒での書類郵送
  • 履歴書を書く際に悩んだ場合には
  • 書けるものがないなら書かなくてよし|履歴書の資格欄の書き方と捉え方

  • 面接は就職したい意志を見せる

     中卒という最終学歴の印象を拭う絶好のチャンスが面接!そう思えば勇気が出てきませんか?緊張してしまうのは相手もわかっているので特に気にしないこと。

     それよりも、若々しさをアピールし、行動力や「就職したい意志」を見せることに意識を集中してみましょう。

    <関連記事>

  • 面接で自己紹介をする場合には
  • 逆に質問をする場合には
  • 面接の際に答える長所と短所
  • 面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

  • 内定を貰ったらする事

     経験がない分、入社準備はわからないことだらけかもしれません。でも大丈夫。ひとつずつ順番にこなしていけば、自然と準備も完了しています。

     内定を貰ったら早速入社準備に取りかかりましょう。早めに始めておいて損をすることはないのですから。

    <関連記事>

  • 入社後に挨拶はどうするか
  • 入社式ではどのように自己紹介をするか
  • 中卒の入社契約書
  • 仕事に慣れるよりも大事?いち早く職場に溶け込むためには何をすればいいのか
  • 就職経験皆無の人が頭に入れておきたい入社後の注意点とは?

  • 公開日:
    最終更新日:2016/02/10