中卒就職実現への道※最新版

*

中卒の入社契約書

      2015/09/28

中卒だからこそ契約書に気をつける

 入社が決まると入社契約書というものが企業から送られてきます。それを提出する必要があるので内容を見た後に問題ないのであればサインして提出しましょう。

 そう「問題なければ」です。中卒の人間であれば尚のこと契約書はしっかりと見ておく必要があります。

 というのも中卒は分かっての通りに就職において不利な立場であるため、企業によってはそれをいいことに明らかにおかしい契約を結ばせようとするところも存在するからです。

 契約書には一定のルールが存在するため、それを調べた後に送られてきた契約書を見て内容におかしいところがあれば企業へと連絡をするようにしましょう。

 企業によっては誤字脱字や勘違いで間違った内容になってしまっているということもあるため、連絡すれば訂正してくれるはずです。

 しかし、問題は連絡した時に歯切れが悪い企業の場合です。こうしたところは最初からこちらを騙す気でいた最悪な企業であるために、こちらから内定を願い下げした方がいいでしょう。

 そんなところで働いても得は絶対にないといえるからです。
 

契約書がない場合には

 企業によって契約書自体を送ってこないところも存在します。実際に契約書を送るのは義務ではないため法的にはおかしいことではありません。

 中々送られてこない場合には企業側に連絡をしましょう。この場合には絶対に契約書を書いてもらった方がよいです。

 というのも契約書がなければ相手の都合のいいように労働条件を変えられてしまう恐れがあるからです。
 
 
<関連記事>

  • 入社後に挨拶はどうするか
  • 入社式ではどのように自己紹介をするか
  • 仕事に慣れるよりも大事?いち早く職場に溶け込むためには何をすればいいのか
  • 就職経験皆無の人が頭に入れておきたい入社後の注意点とは?

  •  - 入社準備と契約

      関連記事

    入社式ではどのように自己紹介をするか

    社員と初めて対峙する場所  入社式は自分がこの企業に入社するということを社員が始 …

    入社後に挨拶はどうするか

    やる気と意欲を見せるために明るく 入社後は挨拶をすることになりますが、この挨拶は …

    就職経験皆無の人が頭に入れておきたい入社後の注意点とは?

    入社後、最初の接点が重要です  第一印象が、その人の全てを決定する、というのは決 …

    仕事に慣れるよりも大事?いち早く職場に溶け込むためには何をすればいいのか

    入社直後の行動・考え方で変わる職場への溶け込み方  就職を果たした後、一生懸命働 …