中卒就職実現への道※最新版

*

書けるものがないなら書かなくてよし|履歴書の資格欄の書き方と捉え方

   

“無資格”であることを記載する場合

 履歴書を書く前に、自分に素直になりましょう。履歴書を受け取った会社側も、あなたの素顔やそのままの姿を見たいと思っているはずです。そういった心構えで履歴書の作成に臨めば、きっとあなたのことを気に入ってくれる会社が見つかると思います。

 さて、資格を持っていない人はどうしたらいいのかという問題ですが、履歴書の資格欄に書けるものがないなら、素直に「特になし」と書いておけばそれで問題ありません。履歴書はそのままのあなたを表現するものなわけですから、ないならないでいいのです。

将来取りたいと思っている資格は?

 資格を気にしているということは、自分が進もうと思っている道に、何かしらの資格が必要だと思っているのでしょうか。もしそうであれば、将来取りたいと思っている資格を履歴書に書いておきましょう。

 これも、素直なあなたを履歴書上で表現するということに繋がります。会社の人はそれをしっかりと見ていますから、今現在持っている資格だけではなく将来手に入れたい資格を書いておくことで、あなたの働く意欲や目的・目標といったものも確実に受け取ってもらえるでしょう。

 将来取りたいと思っている資格は、資格欄に書いてはいけません。自己PRをする欄や志望動機欄に書いておいてください。資格名はもちろんですが、具体的にどのような勉強・仕事をしてその資格取得を目指したいと思っているのかを、履歴書を提出する会社で募集している職種等に合わせながら書いていくと効果的です。

会社はどこまで求めているのか

 ある程度の職歴があれば、会社側は応募者に対して資格を求めるのかもしれません。しかし、中卒という最終学歴で、しかも就職希望者なのであれば、会社側は資格を持っていることを厳格には求めないでしょう。有資格者であることを前提に履歴書をチェックしたり面接を行ったりはしないはず。

 なので、別に気にすることはありませんし、無理に資格欄を埋める必要もないのです。気楽にいきましょう。履歴書作成の段階で自分を追いつめ過ぎるとこの先の就職活動ももちません。持っているものは最大限出さなければなりませんが、持っていないものを今すぐ手に入れることはできないわけですから、ありのままで就活に臨むよう心がけることが大切です。

<関連記事>

  • 履歴書で見られるところは
  • 中卒での書類郵送
  • 履歴書を書く際に悩んだ場合には
  •  - 履歴書の作成

      関連記事

    no image
    履歴書を書く際に悩んだ場合には

    書く内容を濃くしたい場合に  中卒となるとやはり履歴書に書ける内容が少ないです。 …

    no image
    履歴書で見られるところは

    情報が正確に書けているか  中卒の場合だと履歴書に書く内容もほとんどないでしょう …

    no image
    中卒での書類郵送

    郵送の仕方を知るところから始まる  中卒後にバイトをして書類の郵送をしたことがあ …