中卒就職実現への道※最新版

*

面接で自己紹介をする場合には

      2015/08/18

内容はどうする

 中卒で自己紹介となれば本当に基本的な情報を並べていくぐらいしかできないでしょう。

 そうなると問題はその基本的な情報からどれだけアピールできるかということがポイントとなります。内容としては基本的な情報にプラスの情報を追加して印象を強めた方がいいでしょう。

 例えば資格を持っているのであればその資格のことを言うことになりますが、単に資格の名称だけを答えるのではなくプラスしてそれを取得する際の体験談を加えれば内容も大分変わってくるはずです。

 就職活動の前にバイトをしていた場合にはどのようなバイトをしていたかも加えておくといいでしょう。そうすればバイトとはいえど、働く意欲があることをアピールすることができるからです。
 

練習もしておく

 バイト等で面接に慣れているという方もいるかもしれませんが、それでも正社員として正式に職につく場合の面接はそれとは雰囲気もプレッシャーも変わってきます。

 そのため頭で理解していても緊張によって内容がおかしくなってしまうということも多いでしょう。それを回避するために口に出して練習しておくのがいいでしょう。

 ある程度口に出して言うようにしておけば、いざその場に立たされた際にも普段から発言しているために多少は円滑に話すことができるはずです。
 
 
<関連記事>

  • 逆に質問をする場合には
  • 面接の際に答える長所と短所
  • 面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

  •  - 面接の対策

      関連記事

    逆に質問をする場合には

    逆質問の量と質が評価を決める  逆質問はそこまでの流れと違いこちらが企業側に質問 …

    面接の際に答える長所と短所

    自分の長所と短所を理解しているか  面接では長所と短所を聞いてくる質問があります …

    面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

    送って損はないのがお礼状  中卒ですと、面接の後にお礼状を送るという知識も、もし …