中卒就職実現への道※最新版

*

面接の際に答える長所と短所

      2015/08/18

自分の長所と短所を理解しているか

 面接では長所と短所を聞いてくる質問がありますが、これは「自分のことをどれだけ理解しているか」を確認するための質問であります。

 最もそれだけではなく、中卒の方の場合には技術職を志す方が多くなりますが、そのように技術を鍛錬して仕事をしていくということもある意味では性格に左右されることがあるからです。

 細かな作業が必要な場合にはせっかちな人間に任せることはできず、神経質な人間にはスピード勝負の作業を任せることはできません。ある意味適性を見るための質問でもあるといえます。

 では無理なのかというとそういうことではなく、その長所と短所を把握すればそこから改善や作業をする仕事を分けることができます。こうした意味でも自分の長所と短所の把握は仕事において大事なことなのです。
 

短所によるマイナスの印象

 それでも短所を語る際には相手にマイナスの印象を与えてしまうのは避けられないことです。よって短所を語る際にはそのまま語るよりは、その短所があるからこその長所も一緒に語るようにしましょう。

 先ほどの神経質もスピード勝負の作業では致命的になりそうなものですが、逆に細かい作業が必要なものであれば入念な確認をして間違いない作業をしていくことができるからです。
 
 
<関連記事>

  • 面接で自己紹介をする場合には
  • 逆に質問をする場合には
  • 面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

  •  - 面接の対策

      関連記事

    no image
    面接で自己紹介をする場合には

    内容はどうする  中卒で自己紹介となれば本当に基本的な情報を並べていくぐらいしか …

    面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

    送って損はないのがお礼状  中卒ですと、面接の後にお礼状を送るという知識も、もし …

    逆に質問をする場合には

    逆質問の量と質が評価を決める  逆質問はそこまでの流れと違いこちらが企業側に質問 …