中卒就職実現への道※最新版

*

面接後にお礼状を送るメリットと気をつけるべきこと

   

送って損はないのがお礼状

 中卒ですと、面接の後にお礼状を送るという知識も、もしかしたら持ち合わせていないかもしれません。面接を受けさせてくれたこと、わざわざ時間を取ってくれたことなどに対するお礼の気持ちを手紙にしたため送るのが、お礼状というものです。

 と、この存在を知っていても、送らない就職希望者が山ほど存在しています。中には、「送ったって結果は変わらない、だから送る必要はない」と豪語する人もいます。果たしてそうなのでしょうか。難しいところですが、その意見が間違っているとは決していないのが現実のようです。

 ただ、送って損をすることはありません。特に中卒であれば、お礼状ひとつで、「マナーや常識はあるんだな」と思われ、イメージアップに繋がることは大いに考えられるでしょう。

ただし、内容や書き方には気をつけること

 お礼状は送っても損はありませんが、しかし、内容や書き方には十分に注意しなければなりません。イメージアップを狙ったつもりが、内容や書き方がいい加減であったがために、逆にイメージダウンになってしまうこともあるのです。

 友達や家族に出すような手紙ではなく、お礼状としてふさわしい内容と書き方があるので、それを事前に調べておいてください。例文や決まり文句等は、書籍でもネットでも簡単に見つけることができます。字が汚かったとしても、自筆の方がイメージアップに繋がるでしょう。ここもポイントとして覚えておきましょう。

お礼状に一言添えるならコレ!

 お礼状の例分や決まり文句を書くのはいいのですが、それだけだと少し素っ気ないというか、つまらない。そこに一言何か添えておきたいところ。

 面接を思い返してみてください。印象に残った場面や面接官の言葉はなかったでしょうか。もしあれば、それについて、本当に短くてもいいので触れておきましょう。そうすれば、そのお礼状を読んだ瞬間、きっと面接官もあなたとの面接を思い出し、急に親近感を持ってくれるはずです。

 と同時に、お礼の気持ちも強く伝わるので、より人間性の良さというものも感じてくれるでしょう。こうしてお礼状を出す意味を大きくすることができます。送って損はないどころか、送ることで得をすることができるのです。

<関連記事>

  • 面接で自己紹介をする場合には
  • 逆に質問をする場合には
  • 面接の際に答える長所と短所
  •  - 面接の対策

      関連記事

    no image
    面接で自己紹介をする場合には

    内容はどうする  中卒で自己紹介となれば本当に基本的な情報を並べていくぐらいしか …

    逆に質問をする場合には

    逆質問の量と質が評価を決める  逆質問はそこまでの流れと違いこちらが企業側に質問 …

    面接の際に答える長所と短所

    自分の長所と短所を理解しているか  面接では長所と短所を聞いてくる質問があります …